忍者ブログ
風夢のブログ(テクニカル編)
今まで、ややこしい事なブログはあまり書いていませんでしたが、 分かりやすいブログとは別に少し、技術的なものも入ったブログを作ってみました ですが、難しいことを難しいまま書いてあるブログは多いので、 なるべく、一般の人が読んでも、なんとなく判る様な、文章で 書いてます 右側のリンクから別ブログへもどうぞ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウィンドウズ8の優待アップグレードが1月31日までと期限が迫っています。

(★問題がある人はずーっと下へスクロールして見て下さい)


特に今使う必要はないけど、Win8だけ準備しておくかと思っている方も多いと思いますが。

Win8からは、Windows Medaia Player でDVDの再生が出来なくなります。(標準状態)

Media Player Pack という機能追加パッケージを導入すると、使えるようになります。


そして2013年1月31日までであれば、Win8Proユーザーは、無料で提供されます。

申し込みページは、<こちら Win8Proで操作中のPCからどうぞ>


正常に処理が行われた場合、リンク先のページでメールアドレスを入れて、キャパッチ(人間が操作しているか、ロボットでやっているかの確認の見にくい文字)の入力を行うと、ある程度の時間の後でマイクロソフトから、プロダクトキーがメールされてきます。

手順については、先ほどのリンクに書いてあります。

無事にいった方は、特に問題はないですが、プロダクトキーの入力までを含めて1月31日までに行う必要があります。

以下 問題発生のパターン
★★★★★
1.<申し込み完了、メール不達>
  プロダクトキー取得ページでは受け付け完了したが、メールが来ない
  72時間とかかかっても、メールが来ないケースがあるようです。

2.<申し込み完了、メール受信、機能追加エラー>
 申し込みも完了して、プロダクトキーのメールも受信できたが、機能追加時にエラーが発生

3.<申し込み不可、エラーらしき表示>
  メールアドレスを変えたり、何度か試してもすぐにエラーが出る

  申し込みを完了できませんでした みたいな表示

 私の場合はケース3でした、

最悪の場合は、マイクロソフトのサービス窓口に電話をして、いくつかの質問に答えた後に、
マイクロソフトのサービスから後日電話を貰って、PCの操作を指示されて、メールが届くのを待つ事になります。

 そのメールが届いても、さらにケース2のエラーが発生する危険性もあります。


サービスの人に確認したところ、1月中に電話で受付をした場合は、Windows 8 Media Center Packを無料で提供できるように対処しますとのことでした。

この件で、問い合わせをする場合に準備しておくべき事を羅列します

1.電話でWin8Proを登録した電話番号を確認されます、名前も確認されます、メールアドレスも確認されます
2.Win8ProのプロダクトIDを確認されます(プロダクトキーとは違います)
  確認の方法は、ウィンドウズキー+X でシステムを押したら表示される画面の下の端にあります
  20桁のほぼ数字です(一部にアルファベットがありますが)

3.連絡先の電話番号を聞かれます。
  電話で繋がったままで操作を指示されますので、携帯電話もしくは、固定電話なら子機が有る状態か
  携帯電話ならイヤホンマイクをしておくほうがらくかもしれません。

4.マイクロソフトサービス
  平日 10:00:12:00 13:00-19:00
  土日 10:00-17:00
  0120-70-2077をまずは案内されました。 ここで、プロダクトIDその他の確認をして後日連絡が来るのをまちました。

とりあえず、この電話を入れるのが、1月31日に間に合う必要があります。

詳しくはMSのコミュニティーのリンクを貼っておきますので、ご参照ください

無事に行けば、一番いいんですけどね。

<Windows 8 Media Center Pack のプロダクトキーが届かない>

<Windows 8 Pro Pack、Windows 8 Media Center Pack の入手方法や設定方法を教えてさい>
PR
気が付いたら残り少ないのがパソコンのハードディスクですが、

続きがあるかどうかわかりませんが、とりあえずその1です。

困った時は、

<1>ウィンドウズ標準のソフト
[Win7]

(スタート)・(全てのプログラム)・(アクセサリ)・(システムツール)・(ディスククリーンアップ)

[WinXp]
(スタート)・(プログラム)・(アクセサリ)・(システムツール)・(ディスククリーンアップ)

このソフト(ウィンドウズ標準)で安全に空き領域を増やせます。

時間はかなりかかります。


それでも駄目な時は、
<2>どこに大きなファイルがあるか探すソフト FileSum


(日本語のフリーソフトです、インストールの時に、確か変なものを入れようとしません)


このソフトはかなり時間がかかりますが、知らない間に自分でどこかに、大きなファイルを
置いてしまっている時には、有効です。

も う、やめようかと思うぐらいの長いじかんが
た った頃に表示されます。棒グラフで赤い幅が広いところをくりっくし
た ら、その下のホルダーが表示されます、そこをクリックしたらまた次がってこ
ん な感じで探していくと知らない間にため込んだファイルが見つかるかもしれません。


ただ、それ以外にも、いろいろな理由で、足りない時は

<3>自動的に、ほぼ安全にお掃除してくれるソフト CCleanerというソフトがあります

他のソフトもインストールしようとされたり、アップデートがひんぱんにあるのが多少
うっとうしいですが、
今使ってるWINDOWSパソコンのOSが XP,VISTA,7の人はマイクロソフトの特別販売でダウンロード版で税抜き3300円で買うことが出来ます。

(ダウンロードしてメディアに焼いて後日インストールも可能です)

正確には、<マイクロソフトのサイト>(リンクです)に書いてありますが。

一部を引用です
-------------------------------------------------------------------------------------
Windows XP SP3、Windows Vista、Windows 7、Windows 8 Consumer Preview、または Windows 8 Release Preview
-------------------------------------------------------------------------------------
キャンペーンの対象期間は、2012 年 10 月 26 日から 2013 年 1 月 31 日
-------------------------------------------------------------------------------------

です、注目すべきは、Windows 8 Release Preview これは無料評価版です。

新しいPCを組んでWINDOWSが欲しい場合にはこれが一番安いです。

今とりあえず使っているPCにウィンドウズが入っている場合にどうしたらいいのかを考えて見ます。

<1>HP DC5700SF

今、使っているのはHPのDC5700SFというスリムなマシンですが、CPUがCore2DUO E6300、クロックが1.86Ghzというかなり前のものです。

搭載しているメモリーは4Gバイト、微妙な線です。

ただしXp Pro(32ビット版)を搭載しているので、実際には3Gまでしか使われていません。

Win8 Pro の64ビット版のプレビューを入れて動作を確認しましたが、CPUの使用率はあがるものの、ブラウザのタブを多く開いた時の安定度はUPしています。

 ただし、うちにはXPまでしか使えないソフトもいくつか残っているので完全にwin8にする訳にもいかないのでデュアルブートかなあ

<2>Lenovo ThinkPad X61 tablet
Core 2 Duo L7500 1.6GHz/2コア memory 4G Mobile Intel GM965 Express
 元々はVistaがのっていて、XPのディスクも付属していて、それをキャンペーンで7のProに
 アップグレードしたものです。

 CPU的にはかなり微妙なのですが、やはりWin7Proが32ビット版なのと、タブレット型なのでペンで操作することが出来ます。

 IBMの時代はまだ良かったのですが、Lenovoになってから、ソフト類やらドライバーやらが若干品質が低下しているように感じるので、OSレベルでタッチパネルに対応しているWin8を試してみたい気もします。

 WIN7以降はOSレベルで、HDDのバックアップに対応しているので、魅力ではありますが。

 グラフィックがMobile Intel GM965 Express という時代を感じるもので、少し悩みどころでも
あります。

こうして2台とも悩みどころな状態です。

では 買わないほうがいい場合、買うのがいいかも、微妙な線の判断です

<買わないほうがいい場合>
・5年程度経っている古いPC
・メモリーが最大で4Gに出来ないもの
・XPが搭載されていて、タッチパネル、デジタイザ機能のないもの
・今現在 Win7 64ビット版を使っている人(HOME、Pro等で)
・難しいところですが HDDがSATAの150のPC(私が当てはまります)


<買うのがいいかも>
・C2DUOで CPUのクロックが2GHzよりも 高いPC
・メモリーが4Gよりもさらに増やせるPC
・デスクトップなら PCI EXPRESS16が付いていてグラフィックカードを交換できる場合
・ノートPCならインテルのグラフィックとは別の NVIDIAとかATI(AMD)が付いている場合
・たまたま タッチパネル液晶を持っている場合(WIN7PCで対応されてるならいらないけど)

こんな感じかなあ

やはり 私の場合は 限りなくグレーです

どちらかというと次は mac book か mac miniが 欲しいとおもってるんだけどね。

 風夢です。

新しいパソコンは欲しいけど、まだまだ何とか使えるので、もったいないお化けなので、このまま頑張ります。

パソコンの動作がおかしくなる前にやっといたほうがいい事があります。

似たような感じですが、2個あります

準備するのはDVD-R 20枚程度、安いのでアマゾンで買うとおうちまで送料無料でやってきます。(1500円で50枚程度以内、CPRMってのにしとけば 放送用の録画にも使えます)


<工場出荷状態に戻すDVDの作成>

 多分ほとんどのメーカーのパソコンであるとおもうのですが、リカバリメディアの作成というのがあります。

 確かDVDが7,8枚必要なのですがやっておくと、PCが不調になった時にまっさらな状態に戻せます。

 また、新しいPCを買って、今使ってるPCを誰かに譲るとかってなった時にまっさらな状態で渡せるので、個人のファイルとか残らないので安心です。

 この作業は買ってきて使えるようになったらすぐに行っても大丈夫です


<WIN7のバックアップ機能での現状バックアップ>

 上の作業とよく似てますが、実際にPCを使うとなるとWINDOWS UPDATEを行ったり必要なアプリケーションのインストールを行ったりと、下手すると半日ぐらいはかかります

 使い始めて、WINDOWS UPDATEを終わらせて、よく使うアプリケーションのインストールを済ませて、なるべく早めにバックアップをするのがいいです

 利点は、安定した状態でバックアップした状態に戻せることです。
バックアップのDVDを使用して復元(リカバリー)したらすぐにもとの状態にもどるので

バックアップした日から長期間たっていればWINDOWS UPDATEを行う程度で
普段使える状態になります

ただし、バックアップを作成する時のPCの内容を保存するので、バックアップを作らずに放置しておくと必要になるDVDの枚数がやたら多くなります

安定したら出来るだけ早く バックアップ作業を行うのがお勧めです。

Copyright(c)  風夢のブログ(テクニカル編)  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ★ Write ★ Res
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
風夢
性別:
非公開
バーコード
アメブロ
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ